CAD,CAD通信教育,CAD通信講座

CAD,スクール,資格,通信教育,CAD通信講座

autocad

2013年06月24日
autocadで作図した図面を小さい用紙に縮小して印刷する

autocadで作図した図面を印刷するときに、印刷設定してた用紙よりも小さい用紙に印刷する場合は、その小さい用紙に合わせて印刷尺度を変更しなければなりません。

印刷尺度は用紙の規格によって用紙がどのくらい小さくなるのかで決まります。用紙のサイズは、長辺が短辺の約1.414倍になる様に規格で決まっており、長辺の長さは1つ上の用紙の短辺と同じ長さになります。ですから、1つ大きい用紙に拡大すると1.414倍に、2つ大きい用紙に拡大すると2倍になるのです。例えば、ペーパー空間でA1の用紙をしていた場合に、出力設定をA2の用紙に変更する場合は、1つ小さい用紙に印刷するので印刷尺度をカスタムにして1ミリメートルの長さの範囲を1.414倍の長さにすれば良いのです。その他の場合も、用紙に合わた印刷尺度を用紙の規格にそって変えていけば問題なく印刷が行えます。


Copyright © 2010 by RYOSEKKEI All Rights Reserved. ※当サイトはリンクフリーです