autocad

2013年06月12日
autocadの印刷オフセット

autocadで印刷を行う場合、印刷する用紙の周りには印刷出来ない印刷マージンと呼ばれる領域が存在しています。

初期設定では、用紙の端から印刷マージンの領域だけ内側にずらした位置に、印刷範囲の左端部分を合わせて印刷が行われます。ですから、用紙と完全に重なる範囲を印刷範囲に設定した場合は、印刷マージンの領域だけ左端にずらして印刷しないと、用紙と印刷範囲がずれてしまいます。この様な事を防ぐには、「印刷オフセット」で設定を行い、印刷マージンの値を印刷オフセットしましょう。やり方は、「印刷」コマンドを実行した時に表示される「印刷」ダイアロボックスから行います。このダイアログの「印刷領域」の部分で「窓」を選択します。次に「印刷オフセット」の部分で「印刷の中心」オプションにチェックを入れるす。すると、印刷マージンの値が自動計算されて印刷範囲が中心にきて用紙と印刷範囲がずれずに印刷が行える様になります。


Copyright © 2010 by RYOSEKKEI All Rights Reserved. ※当サイトはリンクフリーです