jwcad

RSS

  • 2014年04月03日

    建築管理のソフトと土木CADの情報

    建築管理における基本的なソフトを使いこなすことは、現代社会においてはもはや必須のものとなっているのでしょう。土木CADを始めとするソフト自体の性能も以前よりもよくなっているので、使い勝手の面でも向上していると言ってもよいのではないでしょうか。CADというものは、工学系の人たちであれば、ぜひとも取得しておきたい資格の一つとなっていると思われます。いろいろなケースを事前に確かめられるという事が大きなポイントにもなっているからでしょう。さらに、CADのシステムを中小零細企業へ広めていきたいという試みも出てきています。工学系の分野で大いに役立っていくようなものを作っていくことが今後は大事にもなっていくのです。

  • 2014年03月03日

    土木CADと仕事への応用を考える

    土木CADのようなものは、材木系の分野でものすごく優位に働いていくものとなっていくと思われます。コンピュータを駆使しての操作が当たり前になっている今、これから必要とされていくスキルの一つにもきっとなっていくのではないでしょうか。また、CADと呼ばれるものとじっくりと付き合うようにすることで、今後の道筋にも役立っていく箇所が出てくるものと思われます。工学系の基礎になっているのは、物質的な要素でもあるのです。土木の分野は、こういうものに該当していくことになっていくのでしょう。さらに、CADという資格も工学系ではよく知られるようになりました。基礎的な部分からしっかりと学習していくことが重要にもなっていくのです。

  • 2014年02月13日

    諒設計アーキテクトラーニング評判くちこみ資格CADデザインマスター認定試験

    みなさん、CADという言葉をご存知でしょうか。CADとは、Computer Aided Designの略語です。頭文字をとってキャドと読みます。PCを使って、設計や製図を行うことを言います。CADにはCADソフトが必要です。ソフトには、JWCADやAutoCADなどがあります。

    昔は、手書きの建築図面をPCに起こすことが、CADと呼ばれていましたが、今では、CADは進化を続け、業種にかかわらず、設計、製図が必要なものには、すべてCADで行われているといっても過言ではありません。CADができる技術者が世の中に必要とされています。

    CADが使えれば、誰でも、正確な図面がひけるようになりました。もちろん、基礎知識は必要ですが。ということは、CADが使えなければ、建築やデザインの業界の仕事に就くことは、非常に困難になってきました。CADは使えることが前提のようなものです。

    これから、特に建築関係のお仕事を目指す方は、急いでCADを使えるようになってください。学生の方は、若いのでおぼえも早いでしょう。特にAutoCADが使えることが、現場では求められています。学生さんなら、お安く購入できるので、自分で買って学んでいくのも良いかもしれません。お安いと言ってもけっこうします(笑。

    その他、デザイン関係志望の方もCADは必須です。設備や電気関係の方も必要です。今や営業を担当していても、CADが使えないと、不便な時が多々あるようです。営業職で進んで行く方も、簡単な修正くらいはできるようになっておきましょう。

    学生さんは、今がチャンスです。一旦就職したら、なかなか学ぶ時間がとれません。今のうちにCADのスキルを上げておきましょう。仕事となると、正確さ+スピードが要求されます。

    そんなCADの技術が一定以上であることを認定する資格があります。日本デザインプランナー協会主催のCADデザインマスター認定試験です。この試験を受験し、合格することで、資格取得となります。

    資格取得は、CADの技術を証明するためには、一番です。必ず、とっててよかったと思える資格です。ぜひ取得して、希望のお仕事を手に入れてください。

  • 2014年02月03日

    土木CADで難易度の高い図面

    設計計算書という計算リスト、電算リストを読み取り図面を作成できるレベルになると転職の際に非常に有利で、どのコンサルタントでも採用されます。非常に希少価値のあるレベルの技術者です。特に需要の多いのは配筋図です。これは構造物を造る際の鉄筋の加工や配置を図面化したものですが、計算リストを読み取り必要な個所に必要な鉄筋量を配置しなければなりません。図面1枚の単価は約5万円。1つの構造物に何十枚も配金図が必要になります。この配筋図が書けるようになれば、わざわざ企業に勤める必要もなく、充分に個人事業主として在宅ワークとして成り立ちます。土木CADのオペレーターを目指すなら是非とも極めたい特殊分野の1つであり、これを目標に頑張る人も少なくありません。

  • 2014年01月03日

    パソコンで学ぶ土木CADのノウハウ

    CADはパソコンを用いて行うものであるので、ぜひともパソコンを駆使してその技術を習得しておきたいところです。個々のノウハウを学ぶことにより、就職にもきっと有利に働いていくものになっていくのではないでしょうか。最近は土木CADと呼ばれるものが人気を博しているようです。建築における礎にも関連していく事柄であるので、きちんと学んでいってほしいと私は感じています。それから、土木CADへの期待も熱いものになっています。産業界の未来を支えていくであろうとも言われているのです。以上のことから、CADに関連することを知っておくとよいという事がわかったと思います。幅広いレベル設定がされてある講座をぜひ見てみましょう。

  • 2013年12月03日

    土木CADによる新しい時代

    土木の作業を上手くやり遂げるためには、より多くの知識や技術が必要です。これらの知識や技術は、特に専門的な学習などで手に入れることができます。そして、これらを上手く活用することで、土木の作業は大きく変わっていきます。しかし、近年で土木の作業を大きく変えたものは、最新の技術力です。これらのコンピュータ関係の技術は、従来の土木の作業を覆しました。土木CADの登場によって、わたしたちは更に便利な設計などをしていくことが可能です。最新のCADでは、人間が疲労しないうちに、多くの作業を終えることができます。こういった最新の技術は、現実に多くの土木作業員を救っています。そしてもちろん、土木CADには専門の知識が必要です。

  • 2013年11月03日

    CAD利用技術者試験を受けてCAD資格を得よう

    CADはコンピュータの支援の下に図面設計を行うソフトで現代の技術者はCADを使用できる人は多いです。ですからCADが使用できるというだけでは仕事に対するアピールポイントにならなくなっています。その様な人にとってはCAD利用技術者試験でCAD資格を取る事は良い選択肢のひとつになります。CAD利用技術者試験は1級から2級までの幾つかの級に分かれていて毎年数回行われています。1級に受かる合格率は大体2割強ですので、CAD資格を習得する事に成功すれば仕事でのアピールポイントにもなり得ます。CAD利用技術者試験は3次元CADやCADの基本に特化した試験など幾つかの種類がありますが、最近は3次元CADの試験を受ける人が増えています。

  • 2013年10月03日

    土木CADを使った設計

    建築や土木の世界では、非常に高度な図面を作成したりするものですが、現在では、こうした作業をコンピューターによって行います。そのためのソフトウェアがCADです。土木の仕事とはおもに道路を通したり、川の護岸整備などがあげられますが、この土木にも、土木CADが使われています。設計などをCADを使って行うわけですが、大きなメリットとして、限りなく誤差がゼロに近いことなどがあげられます。例えば設計においては1メートルに対して誤差は0.1ミリメートルよりも低いとされています。またCADには2次元CADと3次元CADとがあって、基本となるのは平面図を作成する2次元CADですが、土木の世界でも立体的に設計を描く3次元CADが用いられています。

  • 2013年08月31日

    初心者に最適なjwcad

    初心者がcadを覚えるには、操作方法が簡単な事に越したことはありません。製品版の高機能なcadソフトは操作が難しい事が多いですが、jwcadは操作方法が簡単で覚えやすいと言う特徴があります。

    (さらに…)

  • 2013年08月30日

    独学で勉強も可能なjwcad

    家でパソコンがありネット環境があればjwcadは無料なのでダウンロードして使用できます。時々あるバージョンアップも無料なので後からお金がかかる事も無いです。

    (さらに…)


Copyright © 2010 by RYOSEKKEI All Rights Reserved. ※当サイトはリンクフリーです